ランドカジノを一言で表現すると


カジノと言えば、ラスベガスが有名ですが最近はマカオなどのように大規模なところも増えてきています。アジアでも韓国やフィリピンなど様々な場所でカジノが開かれているのが特徴です。これらのように、店舗を構えて経営しているカジノのことをランドカジノといいます。
これは、日本にあるかと言えば一切存在しません。何故かと言えば、日本では法律でカジノをすることは禁止されているからです。そのように述べると、オンラインカジノがあると述べる人もいます。確かにオンラインカジノが存在していますが、日本の法律に抵触しないため問題ないとされています。日本の法律では、日本国内の企業や海外の企業が日本にランドカジノをオープンすることを禁止していると言うことです。オンラインカジノの場合には、そもそも場所が特定できません。いわゆるインターネット上の話になるため、特定できないといえます。つまり、日本で開催しているわけではないと言うこともできるわけです。そもそも、インターネット上の出来事に国籍は存在しません。このように考えれば、日本の法律があったとしても特に問題ないことが理解できるでしょう。
ただ日本では、これから何度か人の方ができると言われています。2023年頃にできると言われていましたが、法律すらできていない状態ですので、おそらくもっと先になるでしょう。なぜ今まで禁止していたことを突然始めるかと言えば、海外からの収入を増やすためといっても言い過ぎではありません。要するに、海外からのお客さんを増やして、日本の国益を豊かにしようと言うわけです。いわゆるインバウンドの1つと考えておけばわかりやすいかもしれません。
とは言え、インバウンドにも様々な問題がありました。マナーを守ることができない人たちを日本人は受け入れがたいと考えているでしょう。この点をうまく解決しない限り、問題は何ら解決される事はありません。
ただ、実際にこれらを行うのは民間の企業のためまず民間の企業が名乗り出なければいけません。そしてそれだけでなく、マネーロンダリングをどのように防ぐかなどの問題は存在します。基本的に、たくさんのお金を投資してくれる人は、何らかの形で大きなお金を儲けた人です。しかしそのお金の儲け方が問題であり、良いことをしたのは問題ありませんが、悪いことをしてお金儲けをした人がいるのも事実になります。そのような点をどのように解決していくかは、今後の課題と言えるかもしれません。